【アロマの活用法】ホルモンバランスが崩れた時のアロマ③

『ローマンカモミール』

 

 

 

しっかりとした芯の強さと、やさしさのある香り

 

女性と子供のケアによく使用されます。

 

 

我慢しているときや、不安や怒りで

首が硬くなったり、体調が悪くなったりした時に。

 

自律神経を安定させることで、心身のバランスを調整します。

 

鎮痙作用もあるので月経痛の緩和にも。

 

中枢神経の働きを抑制する成分を80%近く含むので

緊張がつづいているときの睡眠トラブルにも役立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

以上、5つのアロマを紹介させていただきました。

 

ホルモンバランスをトトノエルと

 

心と体の調子がよくなり、快適な毎日が送れるようになります。

 

ちょっと調子があまりよくないなと思った時には

ご紹介したアロマをぜひ活用してみてください。

 

 

 

 

天然アロマ分析にもとづいた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事